時津川改修工事 その後
 時津川は、長崎市北部 標高413㍍の鳥帽子岳にその源を発し、長崎市横尾町から時津町を縦断し大村湾に注ぐ約3.5㌖の川です。

 時津町元村郷の元村長崎バス停から河口(浦郷)までの約2㌖の間に、14個の橋が架かっています。うち3つの橋(上流から井手園橋・古川橋・時津橋)は国道206号線に架かっています。

 「100年に1度の大水害が起こっても安全が確保できるように」とのコンセプトで、河口側から上流側へ改修(拡幅)工事が進められています。時津公民館前より上流の丸田橋までは工事が完了しています。それより上流側は長坂橋と山徳橋の架け替え工事を先行し、周辺の拡幅工事が行われています。

 以下、現在の時津川拡幅工事の状況について報告いたします。
長坂橋架け替え工事
過去記事へのリンク
工事着工前の意見交換会や説明会を経て工事が進行しています。
工事着工前の意見交換会
時津川改修工事説明会
時津川改修工事(古川橋と丸田橋)
写真の白っぽい擁壁が最近工事した範囲、親水公園側から上流側を望む(クリックで拡大
黒の工事用の土嚢がまだ撤去されていない
親水公園側から丸田橋を望む(写真左上方の茶色の建物が時津公民館)。
長坂橋下流側約10㍍の範囲を工事中(クリックで拡大)。
長坂橋(橋の先の白壁の建物は「ケーキのありた」、上方の団地はスカイタウン)。
改修(拡幅)工事中の山徳橋下流側(クリックで拡大)。
写真左2枚は、山徳橋から撮影。右側写真は下流(長坂橋)側から撮影。
山徳橋(手前が上流側)
山徳橋供用開始
ホーム
y.canata 2020.10.4
関係橋の配置図
山徳橋架け替え工事
未着工の鳥越橋(パチンコの「アップル」裏)。
下流側(大村湾へ)
鳥 越 橋
丸田橋上流側工事
長坂橋下流側工事
山徳橋下流側工事
上流側