時津川河川改修工事(鳥越橋架け替え工事)
鳥越橋
y.canata 2021.8.6
ホーム

これまでの時津河川改修工事の経緯については下記URLをクリックしてご覧ください
http://www.togitu.org/togidata/t201004togitsugawa/t201004togitsugawa.html
(時津川改修工事 その後)

下部工事終了後、上部工事を行いますが、
施工業者が代わります。
終日通行止めの看板
上流側(長坂橋)と下流側(丸田橋先)の2か所に設置
通行止めの仕切り(施工業者 株式会社 別所組)
看板の内容は、下記のとおり
洪水を防ぐための工事を行っています
令和3年3月24日~令和4年7月16日
時津川河川改修工事(鳥越橋下部工事)
擁壁工事の状況 上方の住宅地は時津スカイタウン
鳥越橋の左側 橋脚にかかる住宅2軒が立ち退いた後の擁壁工事
鳥越橋
 平成19年(2007年)3月に策定された「時津川水系河川整備計画」によると「本計画の対象とする区間は、河口から二級河川上流端(長崎学院橋⦅長崎外国語大学⦆の上流約800㍍)までの3.5㌖とします。本計画の対象とする期間は、概ね30年間とします。100年に1度の規模の降雨により発生する流量の安全な流下を図ります」とあります。

 計画期間の約半分(14年)が経過した現在、河口から上流へと改修工事が進み、古川橋の架け替え工事を含め丸田橋までの改修工事が終わっています。

 それよりも上流側は、橋の架け替え工事を先行し、長坂橋と山徳橋の架け替え工事が終わり、鳥越橋の架け替え工事に着手しています。
擁壁工事
鳥越橋
鳥越橋